ProxmoxでPX-Q1UDをKVMにパススルーしてMirakurunとChinachuを構築して最強の地デジ環境を構築した話

ProxmoxでPX-Q1UDをKVMにパススルーしてMirakurunとChinachuを構築して最強の地デジ環境を構築した話

今までは、「PT3」を2枚接続し、4ch同時に処理するようにしていたが、PLEX製の「PX-Q1UD」を利用することで、PCIを邪魔せずUSB一本でできるようになったので動かすまでを記録しておこうと思う。(これは、USB1本で地上波4ch)

PLEX製 PX-Q1UD

最近、「Proxmox VE 5.0」を構築し最新のKVMが使えるようになったので、USBパススルーをしてホストを汚さずに構築しようと思う。

最初はLXCでパススルーを行おうと思ったがうまく動作しなかったため、KVMで行うことにする。個人的には、LXCでのパススルーが可能ならば、LXCで行ったほうがいいと思う。(オーバーヘッドが小さいため)

「ArchLinux」で最初はセットアップを行なったが起動しなくなったため、時間短縮のため、「Debian 9」をインストールした。仮想マシンのスペックは以下の通り。

  • CPU: 2コア
  • MEM: 2GB

仮想マシン作成後、「Hardware -> Add -> USB Device」からパススルーを行うデバイスを選択し起動させる。

Proxmoxの管理画面

「B-CAS」のリーダーとチューナーを選択し追加する。「PX-Q1UD」を接続した際、Linuxでは「PX-S1UD」が4個接続された状態になるので、合計5個分追加を行う。

[ 5.323952] usb 2-2: Product: PX-S1UD Digital TV Tuner
[ 5.955013] usb 2-3: Product: PX-S1UD Digital TV Tuner
[ 6.532823] usb 2-4: Product: PX-S1UD Digital TV Tuner
[ 7.134721] usb 2-5: Product: PX-S1UD Digital TV Tuner

dmesg | grep PX-S1UD

また、B-CASのやつも確認しておく

[ 4.720141] usb 3-1: Product: SCR3310-NTTCom USB SmartCard Reader
[ 4.720143] usb 3-1: Manufacturer: NTT Communications Corp.

dmesg | grep NTT

チューナーのドライバは、PLEXのサイトからダウンロードができる。今回使用したのは、「Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip」ってやつ。

この時点で、B-CASが認識しない場合は、Googleなどで「linux b-cas 認識しない」と検索すると色々出てくるのでやってみるといいかもしれない。

ビルドツールのインストール

sudo apt-get install build-essential git

PC/SC Smart Card Daemonのインストール

sudo apt-get install pcscd libpcsclite-dev libccid pcsc-tools

一応ここでB-CASをチェックしておく.

PC/SC device scanner
V 1.4.27 (c) 2001-2011, Ludovic Rousseau ludovic.rousseau@free.fr
Compiled with PC/SC lite version: 1.8.17
Using reader plug’n play mechanism
Scanning present readers…
0: NTT Communications Corp. SCR3310-NTTCom USB SmartCard Reader Vendor Interface 00 00

pcsc_scan

ここでうまく実行できない場合は

  • NTTComが接続(認識)されていない
  • pcscdが起動していない

などがあるのでこれもGoogleで調べたほうが早い。

B-CASデコード用ライブラリのインストール

wget https://github.com/stz2012/libarib25/archive/master.zip
unzip master.zip
cd libarib25-master
cmake .
make
sudo make install

recdvbのインストール

wget http://www13.plala.or.jp/sat/recdvb/recdvb-1.3.1.tgz
tar xvzf recdvb-1.3.1.tgz
cd recdvb-1.3.1
./autogen.sh
./configure –enable-b25
make 
sudo make install

インストールする際は、「USB接続で地デジ4チャンネル録画できるチューナーPX-Q1UDを買ったそして試した」を参考にして入れるといい。

あとは普通に、MirakurunとChinachuをインストールし設定を行う。

Mirakurunのチューナー設定

- name: PX-S1UD 1
  types:
    - GR
  command: recdvb --dev 0 <channel> - -
  decoder: arib-b25-stream-test
- name: PX-S1UD 2
  types:
    - GR
  command: recdvb --dev 1 <channel> - -
  decoder: arib-b25-stream-test
- name: PX-S1UD 3
  types:
    - GR
  command: recdvb --dev 2 <channel> - -
  decoder: arib-b25-stream-test
- name: PX-S1UD 4
  types:
    - GR
  command: recdvb --dev 3 <channel> - -
  decoder: arib-b25-stream-test

あとは普通に起動してOK

Otherカテゴリの最新記事