TK-C2-TURBO Defi Style Turbo Gauge

TK-C2-TURBO Defi Style Turbo Gauge

Assetto Corsaから、Shared Memory経由でターボの値を抜くことができたので、Arduinoとシリアル通信して動かしてみたが思い通りの動きをしなかった。

購入先は、AliExpressで評価もそこそこ良かった。

https://www.aliexpress.com/item/Tansky-DF-Link-Meter-ADVANCE-C2-Turbo-Boost-Gauge-200kPa-TK-C2-TURBO/1983879392.html

届いた直後にまず、SimHubでセットアップを行い利用してみたが針の動きが非常に鈍い。

信号の出力は、5ピンからPWMで出力しており、analogWriteを用いて、0から181までの範囲でこのメーターを制御できる。(細かいことはオシロにさして測定した方がいい、これはSimHubからパクった)

実際は、MCP4922などで制御した方が精度がいい。

配線

配線自体は単純で、4ピンのケーブルはメーターの電源とイグニション、ランプの状態などを接続する。

  • 赤 = +12
  • 黒 = GND
  • 白 = イグニション (物によってはオレンジなどがある)
  • 黄色 = ランプ

信号線は、3ピンのケーブルで、赤がデータ線で黒がGNDである。AliExpressでレビューを読んだところ、稀に逆になっているらしい。

オープニングセレモニー後、2秒くらいまでは精度よく針が震えるが、その後は驚くくらいもっさり動くので使い物にならない。

Otherカテゴリの最新記事